音楽の無料相談,オリジナル,音楽制作に!

音楽の無料ご相談,オリジナル,編曲,カラオケ,制作や教材の販売を行っております。

大窪音楽事務所

教材
音楽の基本教材電子教材販売予定。税別1000円(制作中)

  いろいろな教則本はありますが、意外と基本や初歩の音楽の教則本はありません。よって、その時の疑問に
 応じた教本を買いあさるということが多いと思います。実際、私もそうでした。
  この教本では、購入された教本の基になることや、音楽に関するさまざまな知見を得ることで、理解できるの
 ではと思っておりますし、以下の項目内容からも、えらく多彩と感じていただけるのではと思います。
  現状、制作段階ですが、実際は項目がかなり増えると考えております。

  予定項目 1.音って何だろう?
        1)音はどうやって出来ているのでしょうか?
        2)楽器は音の高さをどのように変化させているのか?
        3)音量と音色
       2.
楽譜の読み方
        1)音の高さ(各国での読み方は?何故、日本は、イロハなのにドレミで覚えているの?
               本当はどの国の読み方が役立つ?)
        2)長調と短調の音階
        3)音の長さを正確に読むには(特に重要視したいと思います。2進法によってできている?)
               楽譜が読めない人の殆どは、長さが読めない)
        4)楽譜の書かれたルール(色々な記号、#やbが何故つくの?簡単に覚えることは?)
        5)楽譜どおりに演奏するのに、なぜ演奏者ごとに聞こえ方が違う(上手くなる心得)
       3.
基本スケールとコード(和音)について
        1)和音の必要性
        2)和音は大きく分けて2種類
        3)曲で最低限必要な3つの和音(主要3和音)
        4)更に曲のイメージを出すための(ダイアトニックコード)
        5)更に曲のイメージを出すための(セブンスコード)
        6)その他の主なコード
        7)コード(和音)のまとめ
       4.
コードの利用とリズムについて
        1)
メロディーを和音構成にする例
        2)コードを使った分散和音(アルペジオ)奏法
        
3)コードをリズムの中で使う(8Beat,ラテン,ボサノバ,swing,etc)
       5.
音楽のための電気知識と音質アップするには
          高い値段のシールドって本当に良い音がするの?MIDIとは?各種配線接続(含むMIDI)          やミキサーへの接続)、自分のバンドの演奏録音しても売っているCDのようにならない。
          何故、インディーズが流行やってきたのか?
        1)各種電気接続と注意事項
        2)MIDIとDTM・DAW、シーケンサー
        3)エフェクト(効果)処理
        4)防音(遮音)と吸音

        
現在、赤文字部分まで制作完了状況です。

   
どの書籍より判りやすくを重点に制作しております。ご購入者にはセミナーのように、ご質問を受付け回答  いたします。「お悩み・疑問・相談」窓口にて連絡下さい。

  教材は、教本をPDF、教材音源をmp3のセットを、Eメールで送付いたします。

   更に、
これは便利!「スケールとコードの早見ツール」税別500円販売予定
  このツールは、テンションコードの使える音まで判るようにしております。
   また、安価(こちらで製品にすると2000円)に販売するため、電子書籍(Eメール)で送付。
  
このツールを印刷していただきお客様による簡単な工作が必要です。
  (ボロくなっても、また作れるというメリットもあります。)製作説明書と使用方法も記載しております。
   
このツールを使っている内に、ツールを使わなくても、頭の中だけで処理できるようになれば理想です。

  
「音楽の基本教材」と同時購入の場合は、税別1400円で購入できます。

  
ご注意:教本等の無断複製は、法律で禁止されております。

  お問い合せ・ご発注は、こちらから  (現在は、まだ制作中です。)

トップページへ戻る